トピナガードル トイレ 口コミ

トピナガードルは帝王切開で出産した場合でもはいて大丈夫なの!?

 

トピナガードルは正しい骨盤位置の維持をサポートしてくれるガードルです。

 

出産後のママさん達に人気のガードルですが、帝王切開で出産した場合でもトピナガードルをはいて大丈夫なのか気になりますよね。

 

自然分娩と帝王切開の割合はおよそ8:2と言われていますが、「切開部分を圧迫しそう」、「出産後はいつからはけるの?」などと悩まれている女性は多いのではないでしょうか。

 

ここでは、トピナガードルと帝王切開にまつわる疑問についてご紹介します。

 

トピナガードルは帝王切開で出産した場合でもはいて大丈夫なの!?

 

トピナガードルを販売するアイマークのサポートセンターに問い合わせました。

 

トピナガードルは、帝王切開で出産した場合もはけますか?

トピナガードルは締め付けが強くない産後ガードルですので、帝王切開した後の傷口にもあたらず、はいていただくことができます。

 

産後は、いつから使用しても大丈夫でしょうか?

産後は身体が疲労していますし、帝王切開した場所の傷口が乾いて、痛みもひいてから使用いただくことをおすすめしています。

 

傷口が締め付けられそうで心配ですが。

従来のガードルは締め付けが強いですが、トピナガードルは帝王切開で出産された方でも気軽にはけるガードルです。ご自身の体調に合わせてはいていただいて問題ありません。

 

このように帝王切開で出産した場合でも、傷口が乾き、痛みさえ引けば全く問題ないようです。

 

愛用者7万人を誇るトピナガードルの公式サイトはこちら

 

トピナガードルの愛用者、帝王切開に関する口コミまとめ

 

産後1週間ほどではき始めました

値段はすこしお高めですが、帝王切開後でもはけるガードルは希少だと思ったので購入しました。私は産後1 週間ほどで購入し、すぐにはき始めました。着け心地がとても柔らかいので、これなら大丈夫と確信。前評判通りでした。「もっときつく締まって骨盤を矯正してほしい」と思うこともありますが、柔らかい付け心地がトピナガードルの長所だと思うので、もうすこしはいてみます(笑)。

 

傷口にさわるようなことはなかったです

二人目の子供を帝王切開で出産しました。一人目の出産後にヒップとウエストが戻らなかったので、「二人目の出産後にはガードルで矯正しよう」と決めていました。ただ、帝王切開になってしまったのは誤算で、「きつくならないガードルないかな」と探していたところでトピナガードルに出会いました。念のため、販売元に問い合わせると、「傷口が乾いて、痛みもひけば問題ないですよ」と言っていただき、とても安心。実際、傷口にさわるような事もなく、はき心地はばっちりです。保温性が優れているので、冬場には助かります。

 

このように、帝王切開に関する口コミがいくつか見つかりましたが、いずれも「違和感なくはける」、「傷口にさわらないはき心地」といった感想でした。やはり、トピナガードルのセールスポイントのひとつ、「締め付けないガードルです!」という触れ込みは本当でした。

 

トピナガードルの公式サイトはこちら